原稿アップ

クーンツの「ストレンジ ハイウェイ」
まあまあの内容にいい結末だと、「いい作品」になる。
昔読んだ記憶は梁の間をやってくる兄貴にイメージだけだった。
選択を間違えた時間を何度も繰り返す。
女の描写がいい。
死が運命づけられているのが魅力か。

ラストの爽やかさを「闇からの声」と比較。

babylonバーがインストールされてひどい目にあった。
何事も勉強だ。
[PR]
by hasegawatetuya | 2013-04-19 14:09