画報社新年会

酔っぱらった。
午前1時に帰って風呂入って2時に寝て、
今日6時に起きて8時から仕事してるとは、なんて俺はリーマンなんだ。

俺が話したあの人たちは「裸者」の作者だったのかな。
ミリタリー云々でロリコンがどーのと話したけど。
不思議の国のアリスから出てきたような、
おもしろい雰囲気。

「師匠シリーズ」のうにさんとも会った。
怪談の作り方を教わろうとしたが、特にないらしい。
また仕事中に動画サイトの朗読を聞こう。

「アオバ」の宮尾さんは元アニメーターでかなりいろんな仕事をしたらしい。
自転車屋の漫画だけに自転車操業かなとおもったら、
まだ描きたいネタはいっぱいあるらしい。
鉄オタみたいに、自転車オタが増えたら大ヒットしないかなあ。

帰りの電車でおがきちかさんと一緒に。
7年くらい前に会ったことがあるらしい。
見た目が若いから新人さんかと。

昨日「エトワス」って単語を5回以上きいた。
あの同人誌人気あったのか。
くらりっさがいたら喜んだろう。

ここからある意味怪談。

ちょっと前の新年会では
新人編集でーす的な挨拶をしていた星野編集・・・
「ソレミテ」の登場人物でもあるが・・・
昨日聞いた話を総合するに、
どうもアワーズ編集部内で権力を握りつつあるらしい。
いつの間にそんなことに・・・
完全にデジタルに乗り遅れたフデタニンの手足となって、
プリントアウトだのダウンロードだのもろもろやっているうちに、
関係が皇帝と宦官状態になっていると想像できる。
おそらく星野編集は、
「これをプリントアウトですか・・・
かなり難しいですが、専門知識を駆使して、なんとかやってみましょう。
・・・ふぅー、なんとかできました」
的なポーズで信頼を勝ち取っていったのだろう。
今や星野様がいないと何も動かないらしい。

昨日その星野様に向かって
「そのネイルアートって女はカッコイイと思ってんの?」
と偉そうに言ってしまった。
うーわ、
ぞっとする。
やっちゃったな長谷川。
どうしよう。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-01-08 09:39