オオカミ少女と黒王子

高校生になった篠原エリカは、ぼっち生活を回避するため、友達に彼氏がいると嘘をついていた。しかし、そんな嘘も長くは続かず、本当は彼氏などいないのではと疑われてしまう。焦ったエリカは街中で見かけたイケメンを盗撮し、彼氏と偽って写真を見せることに。しかし、そのイケメンはなんと同じ学校で王子様と言われる佐田恭也で…!?
王子様に思えた佐田は、ドSで腹黒な黒王子だった!佐田は彼氏役を引き受ける代わりに、エリカを奴隷のように扱う。
(HPより)

美少女アニメを見る男に、これを馬鹿にする資格はない。
いやむしろ「普段は冷淡だけど、実はいつも、しっかり私のことを見ていて、いざとなったら私のために命がけでなんかしてくれるチョーイケメン」大好き女子の妄想を見るべきだ。
いつも美少女ハーレム妄想をしている天罰なのだから。

佐田の友人の日比谷(イケメン)は「エリカを好きになってしまった」と佐田に打ち明ける。
それに対して佐田は「いいよ、好きにすれば」
冷たい態度。
エリカはショックを受けてその場を走り去る。
後刻、川縁に佇むエリカのそばに来て佐田は、何と言ったか。

結構むずかしい。
エリカの心はぼっきり折れてしまった。
かといって佐田があやまるわけがない。
でも二人の関係を維持しなくてはストーリーが破綻する。

「おまえの俺に対する『好き』はその程度か」

うわーーー、そのセリフがあったか。
ドラゴンボールとか「ああ、播磨灘」のセリフじゃないか。
「ふふふ、その程度ですか、あなたには失望しました」
恋愛漫画だと思って迷路で迷っていたよ。
エリカ
「ちくしょー負けるもんか、絶対あたしにふりむかせてやるー」
なるほどー。
勉強になるな。
でもなんだ、このかゆみは。全身がかゆい。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-11-19 08:42