keso「非公式ヒロイン図姦」

こないだ・・・ってもうだいぶ前になったけど、漫画家の友達と飲んで、
その時本を貰いました。
メインアシ不在でいろいろ余裕なくて遅れたが、告知宣伝しなければ。

まずは今月ナポを手伝ってくれたkesoの「非公式ヒロイン図姦」
図鑑でなく図姦。
ちがう意味でこれがひどい。
よく出版できたな。
ちなみにこの本は自分で買った。
で、内容は・・・

こんなせちがらい世の中だというのに。

昭和のアニメヒロインたち・・・に似た女を凌辱しまくっている。
たまたま似ているだけだが・・・
おうおう。峰不二子はいいとしてもメーテルと響子さんに似たなにかは大丈夫か?

いちいち僕がレビューするより、エロ漫画レビューサイト
「それは私の妄言だ」
で詳しくやってくれているので、こっちを見てください。

(リンク先エロ注意、18禁)

巨匠に弓引くエロ漫画家だが、作家本人はいたっておとなしい、電車では痴漢に間違われたくないので女に近寄りもしない男なのがまた逆に不気味である。
そもそもkesoの漫画はエロ抜きのギャグマンガでも(月刊とりに描いてました)十分面白いので、エロでなくともいいんじゃないかと思うのですが、少なくとも僕はギャグマンガとして読んで笑った。
間とセリフの言い回しが絶妙レトロなんだよなあ。


あ、kindle見たら「ウルトラくのいちM汁開拓史」ってあった。
もーkeso最低だな。よし、買おう。

んで、つづいて横尾さんの「百人の半蔵」
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-04-22 14:16 | 本、映画