百人の半蔵

横尾公敏著「百人の半蔵」の4巻(最終巻)で関が原の戦いをやっている。
これがデタラメの上にスペクタクルに継ぐスペクタクルという
完全にこちらの営業妨害としか思えないのだが
面白いのでよろしかったらどうぞ。
まさか大石内蔵助とあの将軍まで出てくるとは。


「百人の半蔵」に比べるとだいぶおとなしく見えてしまいますが
こちらの「セキガハラ」もよろしくお願いします。
2月26日発売の戦国武将列伝では三成があることに気が付きますが、
うまくいきますかどうか・・・


無彩限のファントムワールドはあの小さいティンカーベルみたいな子がいらないと思うのだが、
なんかスターウォーズのジャージャみたいで・・・つらい。
[PR]
by hasegawatetuya | 2016-02-23 08:23