カテゴリ:未分類( 117 )

フラグメント

久々に6時間以上寝たら気分がいい。
快便だし。
いっぱい出すと、力も出ていったみたいで
からだがふにゃふにゃする。
あれでつっぱっていたのか。

トイレに置いてある山本直樹の「フラグメント」のせいでシュールな気分になる。
幼馴染と会ってセックスするだけの短編でも、見ただけで不安になる。
ああ、こわい。
ああ、きもちいい。
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-03-09 07:56

ナポペン入れ中

眠い。
5時間以上寝たいなあ。
自営だと、自分でブラックになるしかない。

昨日本屋が開いてる時間に帰宅できた。
コミックバーズで横尾さんの「ハナノゾンビ」読んだ。
泣かせるいい話だ。
飲み会で「ゾンビって何でしょう」ときいてみようかな。
人それぞれ答えはあるだろうが。

・・・大都会の中の孤独ってのもあるよな。
ゾンビ=老人ってのもいいかも。

僕もいま一種の「仕事ゾンビ」のような気がする。
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-03-08 06:55

失業

友達が仕事をクビになったー。
49歳無職だー。わーい。

・・・いや、大丈夫だ。
車で人をはねたとか、
医療ミスで患者さん死なせたとか、
取り返しのつかないことは何もやっていない。
ただ、ちょっと職探しが切ないだけだ。
がんばって、っていうか全然他人事じゃない。
こっちも連載終わったらあっちこっち持ち込むんだもんな。
年いった売れない漫画家なんか、誰も洟もひっかけないぞ。
スーパーとかコンビニの求人見るたびに、
「これまだできるかなー」
と考えるのは、自営業者の「あるある」
彼の再就職をよく見て勉強する。
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-03-07 06:47

古本屋

銀行に行く途中の坂。
去年古本屋ができた。
狭いので、デブの僕はかがめない。一番下の棚の本は見ることができない。
もう入ることはないかな・・・と思っていたら、
できて1,2か月後に貼り紙がしてあった。
「ガン告知されたので治療に専念します。また元気に戻ってきたいと思います」
数か月してまた貼り紙。
「閉めることにしました。短い間ですがお世話になりました」

店長の顔は思い出せないが、まだ若かったとおもう。

で、こないだ前を通ったら開いてた。
どーなってるんだろう。
いろいろ怖くてたしかめられない。

そういえば僕も4月に検査入院しなければ。
手術から半年たつので。
なにもないといいな。

水上さんにお子さんが生まれてめでたい。
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-02-28 09:21

ベラ・キス

ベラ・キスが復活する映画ができたらしい。
ベラ・キスはハンガリーの殺人鬼。

「ロンリーハーツクラブ」に類型の殺人者たちが。
罠を仕掛けて獲物を待つタイプの殺人者。
殺人をビジネスにしているのがなんとも・・・
できれば近づきたくないが、見た目ではわからない。

牧逸馬も彼の話を書いている。
「生きている戦死者」
牧逸馬は「丹下作善」の作者、林不忘と同じく長谷川梅太郎のペンネーム。
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-02-05 09:38

くらげバンチ


くらげバンチ。
「トーチ」のライバルかな。
これから飯どきに少しづつ読んでみよう。
「夜のヤッターマン」をギャオ!でみた。
続きが気になる。
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-01-17 06:53

昭和ちびっこ本

なつかしい

機械化 小松崎茂の超兵器図解 (アーキテクト刊 モダンメカニクス・シリーズ)

「少年マガジン」「ぼくら」オリジナル復刻版 大伴昌司《SF・怪獣・妖怪》秘蔵大図解

昭和ちびっこ怪奇画報 - ぼくらの知らない世界1960s-70s (青幻舎ビジュアル文庫シリーズ)
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-01-11 08:22

トーチ、Webマガジン



                    クリックしてとんでください↑


いろいろすごい。
歯が人生を語る「Fantastic World」 6話はオンラインゲーム。
人生って、人間ってなんだ?

行政って余計なことばっかするよな。
「道草日記」

まー下品。おもちろい。
「Gのサムライ」

ほかにもいいのがある。
とりあえずひらのりょうさんの単行本がでたら買います。
赤字をちょっとでも減らさなきゃあ。
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-01-08 10:39

画報社新年会

スパで夜中の2時くらいまで飲んでた。
今はまだ酒が残っている午前八時。
くだらなかったなー。
蚊帳とか姉妹とか叔母さんとかの話をしたのは憶えているが、
さすがに眠くなったので痴漢電車を降りた。
「それ町」の石黒さんは変態だ・・・と思ったがなにが変態だったかよく憶えていない。
ナナカマドさんは嘘つきだったかホントつきだったか、結局どっちだ。
風呂入って4時間寝て帰ってきた。
一年分のくだらない話をしたので、これから仕事します。
「清清と」終わるの寂しいな。

水道橋のコミックハウスがなくなっててがっかり。
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-01-07 08:21

あけおめ

元日。
朝5時に起きて一人で飯食って、今仕事場。
平日だ。いつも通り。
29日にアシさんが電話で「仕事大丈夫ですか」とかけてきたので、
含むところがあると思い30,31日に働いてもらった。
アシさんが金ほしさに仕事をしたがるのはいつものことだが、
大掃除から逃げたらしい。
だいぶ済ませたとは言っていたが。

日の出前に細野晴臣の「銀河鉄道の夜」を聞きながら歩いていると、
クリスマスも正月もなく、永遠の時のなか宇宙を歩いている気がする。



わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
(あらゆる透明な幽霊の複合体)
風景やみんなといつしよに
せはしくせはしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈の
ひとつの青い照明です
(ひかりはたもち その電燈は失はれ)

これらは二十二箇月の
過去とかんずる方角から
紙と鉱質インクをつらね
(すべてわたくしと明滅し 
みんなが同時に感ずるもの)
ここまでたもちつゞけられた
かげとひかりのひとくさりづつ
そのとほりの心象スケツチです
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-01-01 07:18