amazonやらLINE漫画やらソク読みやらで
「セキガハラ」1巻期間限定無料キャンペーンやっています。
よろしければ見てください。

・・・1巻を買ってくれた人の言いたいことはわかります。
ごめんよー。
リイド社もいろいろやんないとあれだなと、あの手この手なのだ。
次の最終巻の着地は結構いいと思うんだけどなー。
まー最新刊の売り上げに繋がればよしとしよう。
前にアマゾンで落とした期間限定のセキガハラ、
今も読めるんだが・・・
落とせるのが期間限定だったのか。
もー、落としとけ落としとけ。
[PR]
by hasegawatetuya | 2016-01-13 11:27 | 漫画

広告です。


セキガハラ5巻。
12月24日発売。
アマゾンはクリスマスイブまでにお届けーだって。
イブに読む漫画かどうかはさておき・・・次の6巻は最終巻。
5巻まで読んでオチがわかる人がいるかもしれないが、しーっでよろしく。
あ、速水さんも本が出るのか。


おおー。2冊とも12月22日発売だと?すごい。
そして、すでに出ているが横尾さんの「百人の半蔵」3巻。
犬が、、、カムイ伝か!

[PR]
by hasegawatetuya | 2015-12-21 15:23 | 漫画

セキガハラ 廉価版

セキガハラの廉価版が出ます。
12月半ばから一部のコンビニに並ぶ模様。
出るのは2巻まで。1巻に単行本2冊分の内容。(分厚い)
コラムは含まれません。
1冊550円。安い。
つまり単行本4巻までが1100円だ。
ちなみに作者に入る印税が6%(実売の)なのだ。
ぶぶぶ・・・
売れてくれ。
そして月末発売の5巻を買うんだ。
んで6巻が最終巻となる。
26日発売号では巻頭カラーやっています。
戦いの舞台は関が原に、ってか、いきなり始まります。

戦国武将列伝HPに画像が上がったら貼ります。

・・・あー、もうコンビニに並んでるじゃん。
貼ろう。
みなさんよろしくー。
c0283304_8385253.jpg

[PR]
by hasegawatetuya | 2015-12-16 08:20 | 漫画

セキガハラの5巻が出るにあったって
秋葉原書泉ブックタワーさんにペーパーを描かせてもらいました。
c0283304_648088.jpg

本を買うなら秋葉原ブックタワーだ。
正月3日間は8時閉店になるので気をつけよう。
アオバ自転車店13巻のペーパーもあるぞ。
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-12-08 06:33 | 漫画

セキガハラ、アップ

セキガハラepisode20できた。
残りあと数話。
クライマックスをだらだらやる余裕はない。

今日からナポレオンネーム。

怪談の紙芝居を作りたくなった。
忙しいと趣味をやりたくなる。
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-10-05 09:13 | 漫画

(株)Jコミックテラス

新しくなった「マンガ図書館Z」の5つの秘密 ~悪魔を滅ぼす禁断の力~

赤松健さんは漫画界のどこかで表彰されていいのでは。
たたえる会でも作ろうかな。3人くらいから。
海賊版に狙われるほどの漫画家でもないので、
おまえにゃ関係ないよ、と言われそうだが、
いつか「海賊めえー」と言える漫画家になりたい。

あと赤松さんは儲けていいと思うんだが。
そうだ、「ラブひな」と「UQ HOLDER!」を俺が買えばいいのか。
Kindleでゴー。
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-09-26 13:18 | 漫画

セキガハラネーム中

いよいよ舞台は関ヶ原。
もうカウントダウンです。
だのにまだ伏線をばらまいている。
ほんと回収できるのかすごく不安。

松戸にいたときに、不動産屋のおにーさんが物件を回りながら言った。
「ぼくの伯父さんも漫画家なんですよ。
でもあんまり有名じゃないから知らないんじゃないかな。
貝塚ひろしっていうんです」
・・・
知っとるわ。
俺らの世代の男はみんな知っとるわ。
当時は頂点の一人じゃ。
「烈風」も「父の魂」も「柔道賛歌」もみんな読んだわ。
♬とおーいむかしの話でー、
新しいこの星がーー

「超最狂プロレスファン列伝」が電子書籍化?

[PR]
by hasegawatetuya | 2015-08-24 08:55 | 漫画

ど根性ガエルの娘

「ど根性ガエル」の実写が始まったそうだ。
意外や評判がいいと聞く。
期待が低かったのがよかったのかも。
「ど根性ガエル」の版権を扱っている会社の人と飲んだことがあるが、
ソルマックのCMに便乗して単行本を出さないのか訊いたところ、
みんなに親しまれているのはアニメのど根性ガエルで、
吉沢さんの絵じゃないのだそうだ。
そうかー、大塚康夫さんに描いてもらわないといかんのか。


途中で読むのやめた。つらくて。
続きは後で読もう。
漫画家でない人は読んでも平気だと思う。

吉沢やすみさんはちゃんと売れた一発屋であって、
たいていの漫画家は、一発もなく朽ちてゆきます。
あと、「ど根性ガエル」のあとも「オモチャくん」とか描いてるし。
俺からすれば、うらやむべき人なのだ。


[PR]
by hasegawatetuya | 2015-07-14 07:28 | 漫画

僕の仕事中の聴くものとしてお気に入りの「ゆっくり文庫」(ニコニコ動画)。
顔だけの演出でも、ツボはちゃんと押さえて、物語の面白さとは何か教えてくれる。
ありがたい。

そのゆっくり文庫が先日サキの「スレドニ・ヴァシュター」なる短編小説を動画化した。
これが実にいい。すごくいい。

サキといえば、昔少年マガジンでいろんな漫画家に漫画化させた
「異色作家サキ短編集」があって、中でも松本零士の作品が強烈で
四次元イタチが出てきたり、最後、少年がパン食って毒殺される・・・あれ、
イタチ?パン?
あれは「スレドニ・ヴァシュター」だったのか?

検索してみたらそうみたい。

ゆっくり文庫、編集後記では、「スレドニ・ヴァシュター」の物語後半は
抑圧された少年の夢と大人の解釈をされている。
そうかもしれない、いや、そうだろうけど、夢を夢と言っては夢がなくなる。
ところが松本零士先生ときたら、
「いや、サキの夢では、夢が足らぬ」と
財産を狙った、殺人劇にしたあげく、しゃべる四次元イタチをだしてSFにするという
やりたい放題。
大人気ないにもほどがある。
やっぱり巨匠はちがうな。
つーか夢だらけだな。

この漫画版サキ短編集では「妄想鬼」と真崎守の「運命」が印象に残っている。

[PR]
by hasegawatetuya | 2015-06-25 11:10 | 漫画

セキガハラ19アップ

さっきセキガハラ終わった。
アシが入院しても、自分も病院通いで連日午前中がつぶれても、締め切りに間に合うなんて
時空がどうかなってるんだろうか。


薬剤師から、「この薬を飲むとおしっこが赤くなりますので驚かないでください」といわれた。
見て驚いたわ。
ほんとに赤いじゃないか。
すぐ忘れるから便所に行くたびに新鮮に驚く。
ひあああ、ナイトフライヤーだー。
スティーブン・キングもこの薬を飲んだんじゃないのか。
[PR]
by hasegawatetuya | 2015-06-01 00:20 | 漫画