さあ帰ろう

ナポ入稿して、20分後に「セキガハラ」の打ち合わせ。
駅まで15分。
調整したように、数分の差で滑り込むとは。
無意識に調整していたのか。

映画
「ギャビン」
期待通り、予告を上回りもしなかったが、素晴らしい。
悪霊を封じ込めて「わーい」と喜んでいる、日本の小さな子供に
「FUCK YOU」をわめく親父に大笑い。
あと「半漁人」にも。
ホラーファンの気持ちを代弁してくれた。
最後にあの俳優さんが出てきてもっともらしいことをしゃべる。
そらーあなたですよねー。
ホラー形式のギャグ映画です。
子供が見ても楽しめます。

「さあ帰ろう、ペダルをこいで」
ゴルバチョフが死んだ頃。
ブルガリアから亡命した家族。
イタリアでひどい移民政策の犠牲になったあと、
ドイツへ。
10数年後交通事故で、息子を残して両親死亡。
祖父がブルガリアからやってくるが、孫は記憶喪失。
記憶を取り戻すんだ。
タンデム(二人乗り)自転車をこいで故郷に帰ろう。
ばあさんも待っている。
ウォルター・マッソーそっくりの爺さんが素晴らしい。
「なくした物を取り戻す」と言うテーマ。
そのために必要な魔法もこの映画にはある。
杖を貸して。
想像しよう。
山を見よう
ブレーキが壊れた。
ダンサーの娘との出会い。
バックギャモンの試合。
これを見た人はみんなバックギャモンをおぼえたくなるはず。
ミニカーとサイコロの奇跡に涙がでそうだった。
いい映画だった。
この映画を皆が見れば、移民にやさしくなれるのではなかろうか。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-02-23 09:11 | 本、映画

はがない

宝塚いってくるどー。
「ナポレオン」
画報社、チケットありがとうー。
星野編集が「あの人、どんな顔して宝塚見るのかしら」と言ったらしいが、
にやにや笑いで小馬鹿にした顔で見ると思われているな。
ちゃんと見るわい。
俺が「雨に唄えば」やフレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースの映画をどんだけ見たと思っとるのじゃ。
いやん、ロマンチックー
なによ、あたしのこと知りもしないで、ぷんぷん。
でもこれではまったら、金と時間がかかるな。

朝、ネットで小池一夫大師匠のツイッターで生存確認をして一日が始まる。
よかった、今日も元気に生きていらっしゃる。

「僕は友達が少ない」は面白いな。
妄想ならバイバイバイ友達ならいないないない。
僕も趣味でラノベ書いて久々にアホ高校生にもどろう。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-02-20 09:51

諸星大二郎、ひぐらし

海洋堂から「諸星大二郎 立体異形図譜(仮)」だと?!
買う人いるんだろうか。
タケミナカタとヒルコは時間がたつとだんだんヘタってきそうだ。

フランコ・ネロ出演の人喰い人魚ホラー『Nymph』
すこし諸星臭がする。


「ひぐらしの鳴く頃・鬼隠し編」を読んだ。
なんかいろいろわかんないまま終わったけど
ほかのナントカ編を読んだら腑に落ちてくれるんでしょうか。
ネットでオチを調べるのは、なんだしなー。
ゲーム原作だから、単にマルチエンディングなのかも。
ミステリーファンにとっては祟りが無いバージョンのほうが、
望ましいんだろう。

「パルプ」チャールズ・ブコウスキー
死んだ男(作家のルイ=フェルディナン・セリーヌのことらしい)を探せ、
赤い雀を探せ、
宇宙人の女に操られている、追っ払って。
ニック・ビレーンの探偵事務所にはおかしな依頼ばかり舞い込む。
おまけに依頼主のレディ・デスは次々と人を死なせて回る。
話はメッチャクチャ。こんな話を書けたら楽しいだろうけど、すぐ飽きられるな。
途中で飽きたもん。

ゴーストライターやったら怒られるのかー。
そーいう名前のユニットってことで世間は納得しないのかな。
福山雅治は、「福山雅治って名前の総合商社だ」と誰かが言ってたが。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-02-06 08:28

いろいろ収穫のある飲み会だった。
推薦された作品リスト。
(ほとんど僕は知らない)

文豪ストレイドッグス
6000(小池ノクト)
おどろ領域マユラ
ライコネンの熱帯魚(絵にだまされるな、どす黒いとのこと)
エグザムライ戦国(秋田のアクション漫画)
忍者スレイヤー
バビル二世(新しいほう)
エリア51、同作者のノブナガン
狼の口(くち)久慈光久=特に推薦

あたらしい朝(黒田硫黄) 巡洋艦漫画=特に推薦
棺担ぎのクロ ファンタジー4コマ。絵がきれいだ。
ブラックサッド ユーロ漫画
kim jun-gi 韓国の絵描きさん。とにかく落書きがうまい。
ヴァスネツォフ兄弟、兄と弟、別々の画集。
イリヤ・レーピン(ヴォルガの船曳き)
イワン・クラムスコイ(曠野のイイスス・ハリストス)

二瓶勉 「シドニアの騎士」「ブラム」=俺以外みんな知ってた。

伊藤計劃「ハーモニー」=ディストピアものの傑作小説とのこと。
「地獄でなぜわるい」
「わるいやつら」韓国映画、デブの正義ごり押し検事がでてくる。
「イワン雷帝」エイゼンシュタイン
岡部誓・・・?フランス書院

スペイン内戦でのヘミングウェイは物見遊山に見えたそうで評判が悪かったとのこと。
ジョージ・オーウェルは本気で戦ったそうで、高評価だったらしい。
この対比は面白いドラマになりそう。
ガルシア・ロルカは?

バブル経済崩壊期のゲーム業界。
社員に給与が払えず、金銭と一緒に借用書が配られた。
スーファミの頃。
バブル期のワハハからの倒産、夜逃げ。

これから少しづつ勉強しよう。
みんな一冊づつ推薦するのかと思ったら、ごっそり持ってきててびっくりした。
ちなみに俺は石ノ森章太郎の「くノ一捕り物帳」を推薦。
傑作というわけではなく、演出が狂っているから。
石ノ森作品なら「九頭竜」のほうが全体のレベルが高いから、
そっちがよかったかな。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-02-04 08:58 | 本、映画

時の重なる女

イタリア映画。ネタばれする。
ホテルの従業員の女。
最初、客の飛び降り自殺を見る。ストーリーとは関係ない。
お見合いパーティーでひげの男と出会う。
男は元刑事、金持ちの別荘のガードマン。
別荘でいちゃついていると、盗賊団に襲われる。
男は撃ち殺される。女は男を貫通した弾が頭に当たる。
男の墓を参る。
男の幻影を見る。彼の声がきこえる。
いきなり何も無いのに機械音がきこえる。
撮ったおぼえの無い写真を刑事から渡される。
女は盗賊団の車を見て追跡。
盗賊と出会う。
抱き合う。
女は盗賊団の仲間だったことが観客にわかる。
がーん
ホテルの従業員仲間が自殺する。
葬式で死者のかわりに自分の名前が祈りのなかでよばれる。
ホテルの客に一服盛られ、森に生き埋めにされる。
ぎゃああ
目が覚める。

頭に怪我してから後は全部夢。
怪我をして、こん睡状態だったのだ。

ここでオチかと思いきや、このあとまだまだ映画は続く。

男は生きていて、病室で彼女に呼びかけていた。
機械音は隣のベッドの音だった。
同僚は自殺していなかった。(当然)
で、女はやはり盗賊団の仲間だった。
女は男と愛し合い、同棲する。
襲われた家は彼女の実家の別荘だった。(これははっきりとは示されない)
女はこのまま男と暮らすか、恋人の盗賊男とブラジルに逃げるか迷う。
結局ブラジルへ。
そこで、夢で見た写真を撮る。
ただし隣にいる男が違うが。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-02-02 23:46

うわ、星野編集のリベンジきた。
こわいなあ。
反省文
もう女性漫画家に性的な質問はしませんもう女性漫画家に性的な質問はしませんもう女性漫画家に性的な質問はしませんもう女性漫画家に性的な質問はしませんもう女性漫画家に性的な質問はしませんもう女性漫画家に性的な質問はしませんエロ漫画家さんの場合仕事の話ってことになりませんか?なりませんか。そうですか。もう女性漫画家に性的な質問はしませんもう女性漫画家に性的な質問はしません。男にするのはいいのか?

「ユーリカ~地図にない街~」
をシーズン5まで見終えた。
こんなに楽しいドラマが終わったなんて残念だ。

チャールズ・ブコウスキーの遺作「パルプ」を予約。

気になる映画
「ヒューマン・レース」
「WER」
「時の重なる女」
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-02-01 08:55 | 本、映画