<   2014年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

僕らはみんな河合荘

「僕らはみんな河合荘」のアニメが始まる。

「ソレミテ」の宮原るり氏への乗っかりぶりがひどい。
いったい誰の本だ、こりゃ。
プロのプライドはどこにやった。



・・・そうね。
乗っかれるモノには乗っかっといたほうがいいよね。
うん、みんなで乗っかろう。
俺もプライドは外して横に置いとく。
乗っかるぞー
まず1話目を録画予約して・・・

あと「ソレミテ」が不動産の事故物件を探していると聞いて、
ホントあの人たちと距離を置いててよかった。
あの画報社の風紀委員長がオバケに追っかけられたら面白い。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-03-31 13:13

ラノベ

眠い。
4時間睡眠が続くと当然か。
風呂で寝オチった。
今日は早く寝る。

桜が綺麗だったけど、今夜は風が強い。

ライトノベル「昼も夜も両手に悪女」読んだ。
俺が書いたラノベとラストが同じ。
というか、ラノベの3割くらいはこの終わり方なのだろうな。
タイトルも内容もすがすがしいくらいハーレム。

ライトノベル「消えちゃえばいいのに」読みかけ。
100人の人間がばたばた殺される。
このパターンは、ホラーファンが「またこれかよ!」と文句を言う例のやつでしょ・・・
でも途中で探偵風のやつが出てきて「そうじゃない」と言った。
オチは気にせず読もう。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-03-30 22:58

睡眠と癌

12時に寝ても夜中の3時半だの4時に目が覚める。
完全にじじいだ。
長生きできそうにない。

アシさんとスカイプで連絡を取ると
父親が全身癌だらけで余命4ヶ月とのこと。
その話をして数時間後に
「危篤になったらしいので、行きます」と連絡。
4ヶ月待てなかったらしい。
告知されてがっくり来たのだろう。
みんな思い通りには死ねない。
アドリブでやるしかない。

弟に姪の入学祝を送る。
セキガハラ、今日からまたトーン。

「ドライビング ミス デイジー」のサントラ。
まるで人生を音楽にしたようで最高だ。

[PR]
by hasegawatetuya | 2014-03-28 05:00

Zorba Dance

「その男ゾルバ」のあれ。
ギリシャのシルタキスタイルというダンスらしい。
できたらいいなあこれ。だれか教えてほしい。



[PR]
by hasegawatetuya | 2014-03-22 19:46

編集から
「書泉ブックタワーで『セキガハラ』1巻が100冊売れたんで何か書いて」
と連絡が入った。
ウソでしょ、マジか。
なにがあった。秋葉原で。
フェアでもやってもらったんでしょうか。
ありがとう、読者様。書店さん。



といいつつAmazonの画像を貼りつける俺もどうかしているが、
みんなに感謝してますよ。
描くよ描くよ。
ペーパーでしょ。
100冊記念のなにか。
あとで送るから。

本を買うなら
書泉ブックタワー秋葉原店だ。
朝10時から夜9時まで。
秋葉原駅から徒歩1分。
安彦良和、永井豪、萩尾望都らの日本作家クラブのクリアファイル入荷中。
高橋葉介の複製原画プレゼント企画もあるぞ。
今ツイッターみたから多分あってる。
成人漫画は6階でBLは7階だ。まちがうな。


宣伝しときました、書泉さん。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-03-17 09:10

村生ミオ

週刊漫画ゴラクの村生ミオの「終のすみか」

まったく関係ない二人の女の間で揺れる主人公、
と思っていたら、その平行線がつながった。
ヒッチコックの「ファミリープロット」ばりのやられた感。
当然気がつくべき展開だったのに、
心のどこかで村生ミオをなめていたにちがいない。
なんかあほエロ漫画だし。
しかしうまいなあ。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-03-14 09:41

OH 宝塚

宝塚歌劇団の「ナポレオン」
よく3時間もあの声で歌えるな。
スパリゾートハワイアン以来のいいエンターテインメントを見せてもらった。
歌も楽しかったし、セットも衣装もすごかった。
戴冠式、モブの典礼服まですごい衣装だったのにみじかいーー。

星野編集に「この人、変なところで笑う」といわれた。
鼻で笑ったんじゃないです。
年老いたマルモンが、ライヒシュタット公(ナポレオンとマリールイーズの息子)に、ナポレオンの活躍を教える、という枠で話が展開するのだが、宝塚なので仕方ないが、内容がナポレオンとジョゼフィーヌのロマンスが中心なのだ。
「息子に、父親と、母親の前妻のロマンス話してどーするの、そこじゃないでしょ、ライヒ公寝ちゃうぞ」
と心の中でつっこんだの。
ちなみにライヒシュタット公ことナポレオン二世は、父親にあこがれるあまり、寒中特訓とかやるスポ根精神のある人だったそうだ。

あとマルモンがカロリーヌとポーリーヌに惚れてて、未練たらたらだったので
「いや、あんなのから逃げられてよかったじゃん」と思ったり、
ミュラとすげー仲いいカロリーヌみて・・・おいおい、と思ったり
ひねくれた心でも楽しめるのだ。
フランス戦役の歌とか盛り上がってよかった。
みんなが歌えるような軽いナンバーとかあってもよかったのに
そういうのはないのかな。
「チーク トゥ チーク」みたいな、
歌劇だから、すごい歌しかないのか。
カラオケできないのが残念だ。

ラノベ書いた。
おお、俺の童貞心は全然死んでいないじゃないか。
目の前で読まれたら、舌噛み切りたくなりそうなやつがちゃんとできたぞ。
さて、これをどうしよう。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-03-08 06:52