<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

立川まで歩く

「セキガハラ」ネームで詰まったので、朝からひたすら歩く。
玉川上水をさかのぼり、立川モノレールにぶつかったので、モノレール沿いに立川駅に。
草木の中を久石譲の曲を聴きながら歩くとトリップする。
とくに「キッズ・リターン」はどこまでも走りたくなるよ。
これほど草原を走る男に合う曲はないね。
映画はどん暗いのに、主題曲の疾走感ったら。


5時間ほど歩いて、2,3ページ分のシーンを思いついた。
効率悪すぎる。



立川で漫画とラノベを買う。
「ライトノベルの楽しい書き方」
学校では強面で通ってる女子が実はラノベ作家で、
編集代行の同級生にばれた挙句、担当編集によって
作品完成のために、1か月間交際させられるという
たわいないと言えばたわいないけど、
やってることはジェーン・オースティンといっしょ。
好きでもない男女を長時間一緒にして、恋に落とす。
目的、心理、流れ、すべてが分かりやすい。
複雑なプロットを作るときに忘れがちなので、見習おう。
うちの娘が、読んだ本の内容を話してくれるが
「どうしてどうなった」ばかりで、心理をいっさい語らないので
内容が全く頭に入らない。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-04-24 09:21 | 本、映画

無理ゲー

「一週間フレンズ。」の娘とどうやって友達になるかいろいろシミュレートしたが、かなりムズイ。
高校生設定で会ったとしても、威圧感のあるでかいデブ、口が悪い、下ネタを吐くでは
友だちどころか敵として記憶を残されてしまいそうだ。

Gyaoに二話目きた。やほー。
あとで見よう。

ガルシア・マルケスが亡くなったのか。
「族長の秋」で何度寝落ちしたことか。
でも時々読み返したくなる、へんなファンタジーだった。
映画「予告された殺人の記録」の手紙でできた道をたどる女の場面が忘れられない。

こないだアップした「セキガハラ」、編集の言うことを真に受けて
分かりやすくしすぎたなあ。
カメラを三成から離すべきじゃなかった。
マルケスなら、「はあ、わかりにくい?ちったーお前も想像力使えよ。」と言っただろう。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-04-18 08:54

一週間フレンズ。

Gyaoでアニメ「一週間フレンズ。」の第一話見た。
なんだこれ。
すげーな。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-04-15 13:14

ネットラジオ

どちくしょう。
髭男爵の山田ルイ53世の「ルネッサンスラジオ」が3月で最終回になっていた。
ポッドキャストで数週遅れで聞いていたので、今頃知った。
仕事中の楽しみが減ってしまった。
死んでやる。

でも「ザ・ノイジーズ」でまた「セキガハラ」をとりあげてもらったから、生きる。
ありがとう。
なにも知らずにサイトを開いて、いきなり自分の漫画のタイトル見たら
びびるね。
他人の話を聞くと面白そうだ。
ラーメンはうまそうだ。
そろそろザ・ノイジーズに袖の下を渡すかリイド社と相談するか。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-04-13 08:28

河合荘エンドカード

みんな、アニメの「僕らはみんな河合荘」見たかなー。
キャラの顔が原作と違うので不安だったが
作画も声も音楽も結構よかった。
文字を出す演出はあんまやらないでほしい。

んで、おれも乗っかった。
多分見た人の95パーセントが「なに?」「誰?」
アワーズ読んでる5パーセントの河合荘読者が「またこいつか・・・」
だろう。

風紀委員こと星野編集にエンドカード描けって言われて
「なにそれ」
「来週もまた見てねー、の提供が入る絵」
「どんなグロ?」
「グロなし、ナポレオンの宣伝していい」
「マジか」

即ラフ描いて、返事来る前にペン入れしてたから、
多分一番早く上がって、1話目に回されたと推測。
c0283304_10255459.jpg

・・・真ん中にひどいこと書いてあるが、うーん気にしないで。
すまん、住子さんの名前が出てこなかった。
本番ではこれにしれっと元帥を二人加えて提出。
なにも言ってこなかったからいいや。

風紀委員に「女性漫画家にセクハラした」と冤罪におとされ、
「宮原るりさんのケツさわったんじゃないの」「ええー、ひくわー」
とあらぬ噂をたてられ、
「すっ、するかー!」と、わめいたものの、
よく考えたらずーっと河合荘のカラーページの尻にくっついて回ってるから、
まんざらハズレてもないのだった。
もみもみもみ。
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-04-04 10:58

空想亭こばなし



短編7本。
これはすごい。
アイデアが惜しげもなくぶち込まれている。
「鞄男」
「ベンジョ男」
「吸血殺しのマチ」はシリーズ化を狙ったんじゃないかと思うキャラの強さ。
どれも短編で終わらせるにはもったいない。
いずれ続編を描くか、なにがしかの試行用なんだろう。
「鞄男」は俺も描いてみたい。
「文字を食う男」はレイ・ブラッドベリイを思わせる小品。
特定の本との絡みとかあってもよかったかもなあ。
いずれにしろオールドSFファンとしてはグッとくる。

「戦闘員A」はありがちなネタなだけに、情にウェイトが置かれていて、
年くうとこういうのに弱い。笑えるし。
これが一番お気に入りかも。

これで絵が萌え萌えならもっと売れてるんだろうな。
もうちょっと美少女をだなー、、、
あ、なぜだろう、自分にダメージが・・・
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-04-03 09:44

しだれ桜

早朝、朝日を浴びて立ち並ぶしだれ桜の林の中を歩いてると、
花びらの滝の中を進んでいるみたいで、
もうなんかこの世の光景とは思えない。
誰もいないし
[PR]
by hasegawatetuya | 2014-04-01 08:09