諸星大二郎

ビッグコミック。「闇綱祭り」諸星大二郎
あいかわらずいい。
コミック乱「剣術抄」とみ新蔵
・・・来てるな。
[PR]
# by hasegawatetuya | 2013-07-01 06:35 | 本、映画

プレイステーションででたsimple1500シリーズのバカゲーム
「THE スナイパー」はオンライン販売で300円。
300円なら買いだ。

レビューはこちら。

実況プレイはこちら。

脱力感あふれる画面に池田秀一の本気の演技。脳にくる。
[PR]
# by hasegawatetuya | 2013-06-03 08:33

昔の漫画

「とうもろこしの会」聞いた。
素人が痛い感じでしゃべってたらどうしようとおもったけど、ちゃんと面白かったのでよかった。
でもこれはまずい。
あげすぎだ。
これを聞いてどんだけ型破りな漫画なんだろうと見てみたら、
なんだ、普通じゃないか・・・ということになりかねない。

そもそも49歳のおっさんにしてみると、あれは案外普通の漫画だ。
昔の漫画はひたすら読者を驚かせるに徹した漫画が多かった。
つじつま合わせは後で考えればいいや。
でもって、その手の馬鹿漫画は、時代の風雪に耐えきれず、忘れ去られ
お利口漫画だけがのこっている。
さすがに永井豪の「すすむちゃん大ショック」は残った。
ケレン漫画の代表だが、あのタイプは無数にあった。
子供にトラウマを植え付けるのが目的、、、みたいな漫画だ。
永井豪のすごかったところは、お母さんたちが子供を殺すとき、
日常の演出のまま、談笑しながら虐殺したこと。
三流漫画家たちは、殺人シーンとして演出たっぷりに描いてしまい、消えた。
でも今に残らなかった作品もおもしろかったんだよー。
一峰大二さんの漫画好きだったなー。
石ノ森正太郎さんだってわけわからん駄作も描いてたんだよ。

編集のあおりは49歳おやじにしても、あたまおかしいと思う。
[PR]
# by hasegawatetuya | 2013-05-22 08:24 | ラジオ

「とうもろこしの会・吉田悠軌のオカルトラジオ


の153回で拙作「セキガハラ」を取り上げていただきました。
わーいわーい

んで、おととい編集にここを教えてもらったんだが、今朝までネームやってたので、まだ聞いていない。
じぶんの漫画の評判だから、聞くのビビるなあ。
ダウンロードして、いつでもきけるようにしたので、作画中に聞くんだけど、
アシの前では聞けないぞ、これは。
褒められてにやついたり
くさされて、しょんぼりしたら、
いや、そのまえに
「あー、この人、自分の漫画のラジオきいてるんだー、くすくす」
とか。うるせー、おれ。

いや、これはただのラジオだ。普通に聞けばいいんだ。
しかし身がすくむぜ。
[PR]
# by hasegawatetuya | 2013-05-15 07:01 | ラジオ

ヤイヤイ森のコミー

「ヤイヤイ森のコミー」
なんか笑う。
ここまでしゃべくりのセンスはないけど、頑張れば似たようなものくらい作れそう。
・・・と思わせるあたりも含めていい。
[PR]
# by hasegawatetuya | 2013-05-04 08:29